一般歯科

一般歯科

一般歯科

General

一般歯科

一般歯科では、主にむし歯や歯周病治療などの保険診療を行います。症状により保険適用外の治療などが必要な場合は、予めご説明させていただきますので、ご安心ください。
治療については口腔内カメラを各診療台に設置しており、わかりやすくご説明しております。

このような症状はご相談ください

  • むし歯
  • 知覚過敏
  • 口内炎
  • 歯肉の腫れ
  • 歯肉の出血
  • 口臭
  • 口腔内のけが
  • 親知らず
  • 歯の欠け
  • 歯周病
  • 歯槽膿漏
  • 顎関節症 など

むし歯治療

痛みの少ない治療を心がけています

歯医者は痛い、怖い、というイメージが強いかもしれません。
むし歯を治療する際は、注射麻酔を打つ前に、表面麻酔を行い注射を打つことで、針の痛みを軽減することができます。
痛いのが嫌という方は、治療前にお気軽にお申し付けください。

麻酔を注射する際に、痛みを感じるのは、麻酔液の温度と麻酔を打つ速度に原因があります。当院では麻酔液を専用のカートリッジを使用し、加温し人肌程度に温めます。注射を打つ際は、ゆっくりうつなど、麻酔時の痛みを軽減させています。

金属を使わないメタルフリー治療

むし歯治療を行った後は、削った箇所を埋めるため、プラスチックや金属、セラミックといった素材を使用します。口の中の金属の影響で、手のひらや足など体のさまざまな部位にアレルギー症状が出ることがあります。メタルフリー治療とは、金属を使わない補綴物(詰め物や被せ物)で治療を行うことをいい、当院ではメタルフリー治療を行えます。

むし歯の豆知識

口の中は、細菌であふれていることはご存知ですか?むし歯や歯周病などもその細菌が原因で起こってしまいます。
毎日歯磨きをしている方でも、磨き残しや歯ブラシが届かない部分が出てしまいます。鏡を見たとき、歯に黒い影のようなものが見えたら、要注意です。早めに治療をしないと、どんどん進行してしまい、治療に時間がかかることも少なくありません。

むし歯ができやすい場所

歯と歯の間・歯が重なっている所・奥歯の溝
歯と歯肉のきわ・一番奥の歯の後ろ側    など

むし歯はこのように進行します

磨き残しなどから、小さなむし歯が出来ています。

冷たいものがしみる程度の進行具合。神経近くまで達しています。

神経まで到達してしまうと、ズキズキと嫌な痛みが出てくる程度の進行具合です。

歯の根元まで、進行してしまうと、神経を抜かなければいけません。

痛みがなくなったからと放置していると…

歯の中には神経が通っています。むし歯になって歯が痛むのは、神経に触れているから。神経に触れていなければ、痛みがなくなることもありますが、治ったわけではありません。むし歯が進行すると、歯の根元に膿がたまり、ドーンとした鈍い痛みが出てきます。そうなると、歯の根っこの治療を行わなければいけません。非常に期間のかかる治療となります。

根管治療とは

治療に期間がかかると言われた。
それ根管治療が必要かもしれません

根管治療(歯の根の治療)とは、むし歯が歯髄まで進行した際、治療のため歯の神経を除去したあと、根管をきれいにして、根の先まで隙間なくしっかりと薬を入れる処置です。
しかし、根管は形も複雑で、さらに根の奥はとても細く肉眼では見えないため、手探りの処置とならざるを得ません。当院では肉眼では見えない患部の状態も、拡大鏡を使用して治療を行いますので、細かく丁寧に行えます。

その他にもさまざまな治療に対応しております

親知らず

8番目の厄介者。歯を真ん中から数えると8番目に生えてくる親知らずですが、生える方向によっては激しい痛みが伴う場合があります。また、奥の方に生えてくる親知らずは、歯磨きの際も届きづらく、むし歯の原因となる場合も少なくありません。
抜歯を行うかどうかは、相談させていただきますので、まずは見つけたら早めにご相談ください。

歯の欠け

少し硬いものを食べた際、歯が欠けたことはありませんか?「少しだから」「生活に支障はない」とほおっておくと、噛み合わせやむし歯菌の温床になることもあります。欠けた歯に対する治療も行っています。

口臭

自分では気づいていないかもしれませんが、周囲の人は気になっているかもしれません。パートナーや周りの方から、指摘を受けた場合は、一度ご相談ください。口臭の原因は、むし歯や歯周病などの歯の疾患が原因のものや、内臓疾患によるものなど原因はさまざまです。

妊娠中の方へ

はじめよう!マイナス1歳からのむし歯予防

赤ちゃんのお口の中には、実はむし歯菌はいないのです。しかし、周囲の大人からの感染により、口の中にむし歯菌が繁殖することになります。また、妊娠時に歯周病になっていると、早産、流産、低体重児のリスクを増大することが最近の研究によりわかってきました。大切なお子さんの歯を守るため、妊娠時にはママさん自身が歯を健康に保つ必要があります。

妊娠中になりやすいお口の症状

むし歯や歯周病、歯肉炎や口の中のコブなどホルモンバランスの影響でさまざまな症状が現れることがあります。
歯磨きの際に気づいたときや検診を受けて指摘された際など、早めに歯科医院を受診しましょう。

妊産婦健診により、歯科検診も無料で行っていただくことが可能です。

〒483-8335 愛知県江南市前飛保町寺前111番地

診療時間
9:00 - 13:00〇〇〇×〇〇×
14:30 - 20:30〇〇〇×〇〇×

休診日:木曜日・日曜日・祝祭日
※ 祝日のある週の木曜日は通常診療。
医院の都合により診療時間の変更あり。

0587-55-7003

Web予約

TOP