ブログ

BLOG

歯科衛生士ママの子育てコラム『妊産婦の口腔管理』

妊産婦の口腔管理について

歯周病は妊娠(マタニティ)トラブルの原因となる可能性があります。

歯と口のケアで多くの病気のリスクを下げられることができます。

歯周病は歯を失う原因の第1位ですが、歯周病の怖さは歯を失うリスクが高いだけではありません。

歯周病と全身の病気の関わりには『認知症』『心疾患』『糖尿病』『誤嚥性肺炎』『肥満』そして『早産・低体重児出産』があります。

女性ホルモンが多く分泌される妊娠中は、歯周病や炎症がおきやすくなるともいわれており、歯周病になると分泌される炎症物質が子宮の収縮を誘発することによって、早産・低体重児出産につながることもあります。

閉経後には歯周病の炎症物質によって、歯だけでなく全身の骨の代謝に悪影響が及び、『骨粗しょう症』が進行してしまうケースがあります。また、骨粗しょう症の人は歯を支える歯槽骨がもろく、歯周病が進行しやすくなります。

妊娠中は、女性ホルモンの急激な増加による口腔環境の変化や、「つわり」による嗜好変化や歯みがきの困難などによって、むし歯や歯周病になりやすく、妊婦さん自身が初期症状に気づきにくいことも多いです。「つわり」がおさまる頃に歯科健診を受診してもらい、比較的体調の安定した妊娠中期に必要な歯科治療を行うようにしましょう。

また、産まれてくる赤ちゃんの歯胚(将来の乳歯)は胎生期初期に準備されています。マイナス1歳から将来の歯の健康を考えて産まれてくる赤ちゃんのためにもお母さんの口腔管理が大切です。

江南市では妊娠中および産後1年未満に1回無料で歯科健康診査を受けることができます。大池歯科でも利用できますのでその際は「妊婦・産婦・乳児健康診査受診票綴」の中にある受診票をお持ちください。

愛知県江南市の大池歯科医院の小児歯科では、0歳からのkids family oral schoolという、歯の予防を学ぶ為に、1ヶ月に一回通し、虫歯を0にするため、歯並びを良くするための親子で予防を学ぶ子どものための歯の学校をはじめました。

 ぜひ、ご参加ください。*開催日は変動する可能性がありますので電話にてご確認ください。

当院は新しく増築し、子供と保護者の為の専用の個室があります。保育士の資格を持ったスタッフのいるきれいで快適なキッズルームを完備し、無料託児もしていますので、小さなお子さんと一緒でも安心して治療を受けることができます。またお子さんの治療時にはアニメ動画が見られるモニターをご用意して、退屈にならずに治療を受けていただけます。

2020年もありがとうございました。良いお年を。

〒483-8335 愛知県江南市前飛保町寺前111番地

診療時間
9:00 - 13:00〇〇〇×〇〇×
14:30 - 17:30〇〇〇×〇〇×

休診日:木曜日・日曜日・祝祭日
※ 祝日のある週の木曜日は通常診療。
医院の都合により診療時間の変更あり。

0587-55-7003

Web予約

TOP